2011年07月26日

OSX Lion - Mission Control が素晴らしい

Mc

 従来の Expose や Spaces が、アドオン機能な感じだったのに対し、Mission Control は完全に OSの一部となった感がある。
 これほど、違和感なくスムーズに使える仮想デスクトップは初体験だ。これだけのために、OSX Lion にする価値がある、と思えるほどだと感じている。


Mission Control

 従来の Expose と Spaces が統合された機能、Mission Control は、単に統合されたというにとどまらず、素晴らしい進化をとげた。デスクトップの切り替えにはまったくストレスがなく、フルスクリーンアプリの使い勝手も含めて、とても直感的で使いやすい機能になっている。
 これに慣れると、もはや他の環境がとても陳腐に見えてしまう。というのも、言い過ぎではない。
 どれほど素晴らしいものかは、なかなか伝えられないので、是非体験してほしいと思う。
 ここでは、基本的な使い方をメモしておく。


デスクトップの追加・削除
 Mission Control を開くと、上部に仮想デスクトップとフルスクリーンアプリが並ぶ。
 このとき、各デスクトップにカーソルを合わせると、そのデスクトップに閉じるボタンが表れるので、これをクリックすることでデスクトップを削除できる。そのときそのデスクトップに開いていたアプリは、他のデスクトップへ移動される。
 画面右上のほう、デスクトップ並びの隣くらいへカーソルを合わせると、「+」ボタンが表れるので、これをクリックするとデスクトップが追加される。
 また、カーソル位置に関わらず、Option キーを押すと、各デスクトップに閉じるボタンと、追加用の「+」ボタンが表れる。

Mc_option_2



スワイプで表示デスクトップの切り替え
 タッチパネルで4本指で左右スワイプ、またはマジックマウスで2本指で左右スワイプすると、デスクトップを切り替えられる。画面中央では、各ウィンドウが見やすい形に並べられていて選択しやすい。
 なお、スワイプは環境設定による。

Mc_change



ウィンドウの移動
 Mission Control 上で 各ウィンドウは ドラッグによって好きなデスクトップへ移動できる。
 このとき、Shift を押しながら操作すると、移動のアニメーションがスローモーションになるのだけど、これが何の役にたつのか、よくわからない……。


アプリケーションにフォーカス
 ウィンドウにカーソルを合わせて、トラックパッドで2本指で上へスワイプすると、そのアプリケーションにフォーカスされて、開いているウィンドウが広がり、拡大表示される。
 下へスワイプすると、元にもどる。

Mc_app



並び替え

Mc_panel

 仮想デスクトップを自由に並び替えることはできないようで、どうやってもやり方がわからない。
 環境設定で、並びを固定するか、使用状況に応じて自動的に並び替えるかを選択できる。
 自動の並び替えは、結構よく出来ていて、よく使うものが少ないアクションで表示できるようになるが、たまに位置を見失うことがある。


 細部で、まだ工夫できそうな点もあるが、とてもよく考えられていて、「使いやすい」という感じすら感じないくらい自然な存在となっている。
 大絶賛してしまったけど、それほど素晴らしいものだと思いました。



posted by tekniq at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

OSX Lion さらにさらに : Spotlight が素晴らしい

 OSX Lion を数日つかっている。すこぶる快調。使い方にもだいぶ慣れてきて、もはや Snow Leopard には戻れない身体になりつつある。特に、Spotlight、Mission Control が素晴らしいと思う。
 気がついた点を、追加しておこう。

iTunes 10.4

 バージョンアップの通知がきたので、素直にバージョンアップする。
  • フルスクリーン対応になった
  • 64bit cocoa アプリになった
 と、いうことらしい。
 と、同時に iOSも 4.3.4 へとバージョンアップ。

 今後、Lion に対応したバージョンアップが続くのだろうと思うと、わくわくする。


iOS 4.3.4
 iTunesバージョンアップのあとすぐ、iOSのバージョンアップも通知された。更新内容を調べてみると、PDF表示のセキュリティ対策だけの更新らしい。
 で、このセキュリティホールは現在の jailbreak に利用されているらしいので、更新すると jailbreak できなくなる。しかし既に対応すみの jailbreak もリリースされているというから、その対応の速さに驚きだ。
 ある記事によると、jailbreak を開発しているハッカーたちは、iOS のセキュリティホールをたくさん在庫しているらしい。なんか、すごいな。
 jailbreak を必要とする魅力的なアプリがたくさんあるのは確かだが、いろいろ面倒そうなので、うちでは手を出さないことにしている。


Spotlight

Spotlight

 検索結果にカーソルを合わせると、クイックルックが表示されるようになりました。これは結構便利です。
 ファイルのフルパスまで表示してくれると、さらにいいと思います。同名ファイルがずらっと並んだときに、どれが目的のファイルか判断に困ることがあるので。
 あと、検索が劇的に早くなったように思います。Snow Leopard のころは、検索が遅すぎて使う気にならなかったのだけど、Web で見かける機能解説とかでの評判とあまりに乖離していたので、もしかしたら、うちだけの何か特殊な現象だったのかもしれないな、とも思います。ともあれ、使う気になる程度には早くなってうれしい。
 Windows には everything という神業的に高速なファイル検索ツールがあって、すべてのPCに必ず入れている。これはファイル名検索だけだけど、その正確さ、高速さは、感動的で、似たようなものが Mac にもないか、と散々さがしているものの、いまだに見つからない。
 Lion になって Spotlight が使いやすくなったのは、そういう意味でもとても嬉しいことです。
 ファイルの内容まで検索して、この速度は十分神がかっていると思う。
 正確さについては、しばらく使い込んでみないとまだよくわからない。


Spotlight の使い方いろいろ
 これまで、その遅さを理由にほとんど使ってなかった spolight ですが、Lion になって驚くほど速くなり十分実用的になりました。先に書いたように、それが Lion になったせいなのか、うちの Snow Leopard だけが異常に遅かったのかは、判然としませんが……。
 とまれ、使いたいと思えるようになったのでいろいろ使ってみているところです。
 メニューバーの Spotlight もいいのだけど、Finder から呼び出す Spotlight がかなりいい感じなので、そちらを中心に使い方をメモ。
 Finder からの検索の場合、現在開いているフォルダ以下が検索対象になります。(これがまた、地味に便利な更新ですね)


キーワード検索
 キーワードを入力すると、インクリメンタルに結果が表示されます。正確さはまだわからないけど、その速さは驚くほどです。
 この速さからみて、おそらく全文検索ではなく、インデクス検索だと思うのだけど、どうでしょうね。

Spotlight_index


ファイル名検索
 名前を入力すると、メニューが開くので、そのなかの「ファイル名が***を含む」を選択します。

Spotlight_file


ファイル拡張子検索
 入力したキーワードが登録された拡張子の場合、メニューに「種類」が増えるので、目的のファイル種類を選択します。
 登録されていない拡張子で検索したい場合は 条件を追加して、「ファイル種類」「その他」で、ファイル種類の欄に記入すれば検索できます。検索できるのは、Finder の種類欄に表示される文字列です。または、".hoge" のように、"."(dot) から始まるキーワードでも、だいたい絞り込めます。

Spotlight_ext



ダウンロード元での検索
 ダウンロードしたホスト名での検索。キーワードが履歴とマッチしたとき、「ダウンロード元:」という項目がメニューに増えます。
 なぜか、表示は「差出人」となっています。

Spotlight_download


その他
 その他にも、検索オプションを追加して組み合わせたりできます。spotlight のすぐ下に表示されている検索バーの右端の (+) をクリックすると、条件を追加できます。

Spotlight_option


 そのほかにも、なんと、Time Machine でも、内容検索できるようになっていました。従来はファイル名検索のみでしたね。

Spotlight_timemachine

 正規表現が使えるようになると、さらに便利になると思うけど、多分そんな技術者向け機能は実装されないのかも……。




長くなったので、Mission Control については、またいずれ。


posted by tekniq at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類